医龍4 第8話 2月27日放送のあらすじ紹介

2月27日放送の医龍4 第8話のあらすじをちょっと、、、


2月27日放送の医龍4 第8話のあらすじの前に
気になる前回の視聴率の結果を発表します。
前回、第7話の視聴率は10.7%とシリーズ最低視聴率を更新。
第6話の視聴率11.0%と比べると0.3ポイントのダウン。
これまでの平均視聴率は12.02%と冬の連ドラの中では
先週の第7位から一つ落として第8位にランクされています。


ってことで、、、


2月27日放送の医龍4 第8話のあらすじを紹介しましょう。


L&P病院から派遣されている早川(柄本佑)は、
桜井総合病院での勤務の全てに我慢がならない。
小児糖尿病患者の母親とは、治療をめぐりトラブルになり、
薫(キムラ緑子)からは患者の採血など、
医師の仕事以外のことまで押し付けられ、ストレスはたまる一方。


岡村(高橋克典)に連絡を取り戻して欲しいと訴えるが、
朝田(坂口憲二)から学ぶことがあるはずだと
有無を言わせず切られてしまう。


L&P病院に移った伊集院(小池徹平)は、
研修医が全部の科を回る新プログラムを実行していた。
早川にも勧めるが、無意味だと一蹴する。


一方、晶(稲森いずみ)は桜井(平幹二朗)の執刀医を探し出した。
アメリカで一番と言われている脳外科医らしい。
朝田は症状を考慮して2カ月以内にオペがしたいと言う。


足のむくみで来院した患者に、早川は下枝動脈瘤と診断。
立ち仕事をしている女性にはよくある症状だと説明して帰宅させた。

翌日、呼吸困難で倒れた昨日の女性が運ばれてくる。
早川が治療にあたるが、芳江は意識を失ってしまう。。。。。。。。


【送料無料】世界ウルルン滞在記 [ 阿部サダヲ ]

95年から2008年にわたってTBS系列にて放送された世界紀行ドキュメンタリーから、選りすぐりのプログラムをパッケージ化。若手俳優が単独で海外に赴き、ホームステイしてさまざまなことにチャレンジする。本作では阿部サダヲがチェコに訪れる。
税込2,363円 送料無料





自画自賛!本日のイチ押しアイテム


camou_roundf05.jpgプラタナスの独特の樹皮の柄を革にプリント。
加工技術の開発には5年の歳月がかかり、試行錯誤を何度も繰り返してできあがった山藤-やまとう-のPTAH/プタハ・カモフラージュ・ツリーシリーズ

中身が一目でわかる視認性が自慢です。
PTAH/プタハ カモフラージュ・ツリー ラウンドファスナー長財布は、ファスナーを開けばコンパートメント部内装にも上質のレザーを使用しているので、程よい重量感のある大人の長財布です。
内側両サイドに4枚ずつのカードポケットとその後ろには使い勝手のよいオープンポケットを配置。札入れ仕切り部分のファスナーポケットには、片側にマチをつけてあるので小銭をたっぷり収納できます。また、ファスナーポケット内側にはPTAH/プタハの守り神が刻印されていて所有欲を満たすディテールの一つになっています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)