土曜プレミアム 2月22日放送「ファイティング原田物語」のあらすじ紹介

2月22日放送の土曜プレミアム「ファイティング原田物語」のあらすじをちょっと、、、


2月22日放送の土曜プレミアムは、市原隼人が伝説のボクサー役で登場。
永遠の0の百田尚樹原作「黄金のバンタム」を破った男」を
地上波初映像化したファイティング原田物語。
昭和の伝説のボクサー・ファイティング原田の栄光と
母への愛を描く感動作だそうです。


ってことで、、、


2月22日放送の土曜プレミアム「ファイティング原田物語」のあらすじを紹介しいましょう。


昭和35年12月、原田(市原隼人)はフライ級東日本新人王戦決勝で勝ち
2月にプロデビューしてから無傷の5連勝。17歳の原田は東日本新人王になる。
一カ月後、厳しい指導をする笹崎(片岡鶴太郎)が
ファイティング原田というリングネームを墨字で書いて見せる。
その後の原田は連戦連勝、デビューから破竹の25連勝を飾る。


12年前(昭和25年)。7歳の原田は植木職人の父・恒作(平田満)と
母・ヨシ(伊藤蘭)が作った大好物のぼた餅を食べていた。
恒作はいつも男が世に出る方法は、ひたすら努力して栄光をつかむことと
原田に諭していた。


昭和37年6月、成長期で減量が厳しくなってきた原田は、
一つ上の階級バンタム級の試合に臨むが判定負けをしてしまい、
バンタム級転向に暗雲が立ち込む。
人生初の黒星に落ち込む原田は、立ち直れないでいた。


その頃、大ケガで寝たきりになった恒作の代わりに、
工事現場や家政婦で昼夜を問わず働いて家計を支えるヨシの姿が。
母の姿を思い出し、原田は笹崎に黙って実家に戻ってしまう。


原田は、ヨシや姉のサダエ(内山理名)とらと久しぶりに食卓を囲む。
笹崎に内緒で帰宅したことを知ったヨシは
「母さんは覚悟を決めて会長に託したんだよ」と息子を叱る。
“1回負けたくらいで”という母の言葉に激高した原田は家を飛び出してしまう。
ヨシは洗い物の最中、下腹部に異変を感じていた。。。。。。。


【送料無料】「黄金のバンタム」を破った男 [ 百田尚樹 ]

打たれても打たれても前に出る男は、こんなにも美しいー敗戦から十余年、十九歳で世界王座についたファイティング原田。三年後、史上最強と言われていた「黄金のバンタム」エデル・ジョフレを破り、日本人初の二階級制覇。
税込700円 送料無料





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!


so_Ljifastner03.jpgじぶん色を身につけたい人におすすめのセミオーダーシリーズ。
山藤-やまとう-のオリジナルメンズ革小物シリーズ“PTAH/プタハ”が自信をもっておすすめするのがこのセミオーダーシリーズ
あらかじめご用意した表革・内革・縫い糸の組み合わせで330通りもの“じぶん色”がお楽しみいただけます。さらに13文字までのネームを入れることができるので自分だけのオリジナルアイテムとして身につけていただけます。

美しいフォルムが自慢のセミオーダーL字ファスナー長財布。
セミオーダーL字ファスナー長財布は、ほどよい厚みがあるハードタイプのステアハイドを使用。丈夫でコシやハリがあって使えば使うほどに風合いと独特の艶が楽しめるよう、革をなめす際に渋を含ませて仕上げています。
メインファスナーを開ければ、コンパートメント中央に硬貨を入れたり、領収書やよく使うポイントカードなどの収納に便利なマルチポケットを装備。紙幣やカード、小銭などをキレイに整理できます。サイドに装備したL字型のファスナーポケットはマチを深くすることで余裕の収納スペースを確保。「整理なんて無理!」っていう人にも喜ばれているのは、何でもポイポイっと雑に収納して、後はファスナーを閉じてしまえば落ちる心配なしっていうことで人気があるファスナー財布です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0