金曜プレステージ「剣客商売」12月27日放送のあらすじ紹介

金曜プレステージ 12月27日放送「剣客商売」のあらすじをちょっと、、、


12月27日放送の金曜プレステージは、池波正太郎の人気代表作
「剣客商売」のシリーズ第2弾です。
「鬼平犯科帳」「仕掛人・藤枝梅安」と並ぶ池波正太郎の代表作のドラマ化。
今までは主人公の秋山小兵衛役を藤田まことが熱演していましたが、
今回は時代劇の顔ともいうべき北大路欣也が演じます。
もちろん周りを囲む出演者も一新。
息子・大治郎に斎藤工、おはるに貫地谷しほり、佐々木三冬に杏と
豪華キャストで贈る池波作品の最新作です。


ってことで、、、


12月27日放送の金曜プレステージ「剣客商売~剣の誓約~」のあらすじを紹介しましょう。


ある日、小兵衛(北大路欣也)の息子・大治郎(斎藤工)の
道場に三冬()がやってきて、三冬の父・田沼意次(國村隼)の
中屋敷にある道場の師範に推挙したいという。
しかし、大治郎は返答を渋ると、その煮え切らない返事に
三冬は腹を立ててしまう。


その話を聞いた小兵衛は大治郎にもう少し世渡りをうまくやるように諭すが、
大治郎の堅物ぶりにどうもうまくい かない。
その後、意次やその家臣の生島(山田明郷)の骨折りもあって
田沼道場に通うことになった大治郎。


ある日、嶋岡(林隆三)が大治郎のもとを訪ねる。
嶋岡は小兵衛とも同門で競い合った仲の剣客であり、師匠でもある恩人。
嶋岡は真剣勝負を行うために大和から江戸へやってきたといい、
大治郎に勝負の立ち会いを頼むと申し出る。。。。。。



【送料無料】剣客商売(1) [ 池波正太郎 ]

池波正太郎作品はテレビで何度もドラマ化される人気時代劇。活字で読むと別の面白さがあり、テレビとは違う原作の艶っぽさがあります。
税込620円 送料無料





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!


camou_roundf05.jpgプラタナスの独特の樹皮の柄を革にプリント。
加工技術の開発には5年の歳月がかかり、試行錯誤を何度も繰り返してできあがった山藤-やまとう-のPTAH/プタハ・カモフラージュ・ツリーシリーズ

中身が一目でわかる視認性が自慢です。
PTAH/プタハ カモフラージュ・ツリー ラウンドファスナー長財布は、ファスナーを開けばコンパートメント部内装にも上質のレザーを使用しているので、程よい重量感のある大人の長財布です。
内側両サイドに4枚ずつのカードポケットとその後ろには使い勝手のよいオープンポケットを配置。札入れ仕切り部分のファスナーポケットには、片側にマチをつけてあるので小銭をたっぷり収納できます。また、ファスナーポケット内側にはPTAH/プタハの守り神が刻印されていて所有欲を満たすディテールの一つになっています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0