救命病棟24時 結末の最終回 9月10日放送のあらすじ紹介

救命病棟24時 9月10日放送 結末の最終回のあらすじをちょっと、、、


9月10日放送の救命病棟24時 結末の最終回のあらすじの前に
気になる前回の視聴率を発表します。
前回、第9話の視聴率は13.7%でした。
第8話の視聴率11.3%と比べると2.4ポイントのアップ。
平均視聴率は14.59%と夏ドラの中では
先週同様に第3位にランクされています。


ってことで、、、


9月10日放送の救命病棟24時 結末の最終回のあらすじを紹介しましょう。


楓(松嶋菜々子)らは吐血して倒れた患者の処置にあたった。
患者の血液を顔に浴びた花音(波瑠)は執拗な洗浄を施し、
仮眠室で様子をみることになった。



吐血した患者は、アフリカ各地の取材から帰国したばかりの
フリーカメラマン・兵頭(小椋毅)と判明。
楓は、吐血した患者の感染症を疑い、血液を検査に送る。
やがて感染症センターの為我井(やべけんじ)が
血液検査の結果を持って来る。


結果は、マールブルク病を引き起こすウィルスだった。
翌日、手の打ちようもなく兵頭は死亡する。
感染拡大を防ぐために、為我井による調査が始まる。
杉吉(手塚とおる)は救命センターの一時隔離を主張。
最上(段田安則)がそれを認めた。



センターの全員が隔離される中、兵頭の血液に接触してしまった
花音の感染が明らかになりICUの個室に移される。
数日後、空気感染の恐れはないため、救命センターの隔離が解かれた。
その矢先、マールブルク病の症状に似た患者が次々と運ばれて来る。
かつてない異常事態が、楓と医局員たちを襲う。。。。。。。


【中古】A4クリアファイル/ 松嶋菜々子

住友生命契約者にプレゼントされた松嶋菜々子のクリアファイルです。A4サイズ対応 片面フルカラー印刷
税込490円 送料別





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!

lji-fas04.jpg薄さ、軽さ、ミニマムサイズにこだわったポイント8シリーズ
東京の下町・元浅草にある創業100年以上の革小物工房・山藤-やまとう-の人気オリジナル・ブランド「PTAH(プタハ)」が発信するポイント8シリーズ
山藤の革職人たちが構想3年、機能性とデザイン性を突き詰めた答えが「革の厚み」でした。表の革を0.85mmでも0.75mmでもない0.80mmという精度にこだわり、その厚みを見極める技術を山藤の革職人はクリアしてきました。
その厚みへのこだわりから生まれたポイント8シリーズは、より薄く・より軽く・より小さくを基本コンセプトに、カジュアルでもビジネスシーンでも満足いただけるアイテムになっています。

ポイント8 L字ファスナー長財布は薄さが自慢!
薄さを追及した極薄のポイント8 L字ファスナー長財布。ファスナーを開けば、両サイドに合計10枚のカード類、さらに紙幣もしっかりとキレイに整理しやすく、取り出しやすいマルチアングル設計です。
中央には小銭や領収書などを収納するのに便利な仕切りポケットがアクセントになっています。厚さはわずか約1.7cmという薄さが魅力です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0