救命病棟24時 第9話 9月3日放送のあらすじ紹介

救命病棟24時 9月3日放送の第9話のあらすじをちょっと、、、


9月3日放送の救命病棟24時 第9話のあらすじの前に
気になる前回の視聴率を発表します。
前回、第8話の視聴率は11.3%とシリーズ最低視聴率を更新。
第7話の視聴率14.0%と比べると2.7ポイントのダウン。
平均視聴率は14.70%と夏ドラの中では
先週同様に第3位にランクされています。


ってことで、、、


9月3日放送の救命病棟24時第9話のあらすじを紹介しましょう。


センター医局のカンファレンス後、楓(松嶋菜々子)が
医局員たちに本庄(佐々木蔵之介)が一定期間現場を離れることを告げる。
休む理由は本庄本人が目の手術のためと説明した。
失明や後遺症の可能性もあり、職場への復帰は未定だという。


楓は広瀬(風間俊介)、さやか(芦名星)と
NBC(核、生物、化学など)災害のシンポジュームを聴講。
消防庁の救急隊長・有村(比留間由哲)に声をかけられる。
楓のオペの腕はすごいと噂になっていると有村。


その後、救命センターを指名して搬送される患者が急に増える。
おまけに患者は、ルールを無視した救急隊によって
搬送前に診断が下されているようだ。
すべて新任の有村が指示しているのだった。


楓は、院長の最上(段田安則)から、
医師会で湊大と救急隊の癒着を疑う声があると忠告される。。。。。。


【中古】A4クリアファイル/ 松嶋菜々子

住友生命契約者にプレゼントされた松嶋菜々子のクリアファイルです。A4サイズ対応 片面フルカラー印刷
税込490円 送料別





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!

roundf-naga02.jpg台東区元浅草にあるオリジナル革小物の山藤(やまとう)は、1899年創業の革小物専門の老舗。オリジナルブランドPTAH/プタハは、リピーターも多く、中でも「ポイント8」シリーズがおすすめ。今回のその中からPoint8 ラウンドファスナー長財布をおすすめしたい。

ポイント8 ラウンドファスナー長財布は薄さが自慢!
POINT8 ラウンドファスナー長財布のこだわりの一つが【薄さ】。紙幣20枚、カード10枚、小銭20枚程度を入れても厚さはわずか約1.9cmという薄さが魅力です。ジャケットの胸ポケットやパンツのポケットに入れてもひびかない薄さとカジュアルからビジネスシーンまでを満足させる自信作です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0