救命病棟24時 第2話のあらすじ紹介

救命病棟24時 7月16日放送の第2話のあらすじをちょっと、、、


7月16日放送の救命病棟24時 第2話のあらすじの前に
気になる前回の視聴率の発表です。
前回、第1話の視聴率は17.7%とまずまずのスタートでした。
夏ドラ全体がまずまずの視聴率を稼ぐ中、
17%台は高視聴率といえるでしょう。


ってことで、、、


7月16日放送の救命病棟24時第2話のあらすじを紹介しましょう。


ある朝、事故で搬送された妊婦の美穂(大谷みつほ)を
本庄(佐々木蔵之介)が担当。
出血性ショックで母子共に危険な状態だった。


 一方、楓(松嶋菜々子)はカンファレンスで
自殺未遂で搬送されてきた患者・篤(玉置玲央)について詰問される。
実は、篤は先日、夏目(時任三郎)を刺した男だったが、
病院上層部がスタッフに事情を隠し、受け入れを認めていた。


口止めをされている楓は、苦しい立場に置かれる。
篤の様子を見に楓は病室へ行くと、夏目に声をかけられる。
篤が自分を刺した犯人だと楓に伝えた。その会話を
研修医の広瀬(風間俊介)が聞いてしまう。

一方、母子ともに危険だった美穂だが帝王切開で
なんとか無事に出産することができる。
しかし、夫、友明(小林高鹿)への連絡がなかなか取れず、
入院から丸一日でようやくとれる。
本庄は夫婦の仲が上手くいっていないことに気づく。。。。。。

【中古】A4クリアファイル/松嶋菜々子

住友生命契約者にプレゼントされた松嶋菜々子のクリアファイルです。A4サイズ対応 片面フルカラー印刷
税込590円 送料別





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!

森田鞄製作所の自信作。
アニリン染め軽量牛革デイリーショルダーがそれ。
特殊なアニリン染めも久しぶりに納得できると
制作者の社長自らが太鼓判。
便利な収納ポケットが多く、収納力もグッド!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0