救命病棟24時 第4話 7月30日放送のあらすじ紹介

救命病棟24時 7月30日放送の第4話のあらすじをちょっと、、、


7月30日放送の救命病棟24時 第4話のあらすじの前に
気になる前回の視聴率を発表します。
前回、第3話の視聴率は14.9%と好調を続けています。
第2話の視聴率15.9%と比べると1.0ポイントのダウン。
平均視聴率は16.17%と夏ドラの中では
第3位にランクされています。


ってことで、、、


7月30日放送の救命病棟24時第4話のあらすじを紹介しましょう。


山藤メインP.jpg台東区元浅草にあるオリジナル革小物の山藤(やまとう)は、1899年創業の革小物専門の老舗。オリジナルブランドPTAH/プタハは、リピーターも多く、中でも「ポイント8」シリーズがおすすめ。



救急搬送された達也(森下亮)の気管挿管時に
麻酔科医の安藤(児嶋一哉)が、歯を折ったから訴えると騒ぐ。
楓(松嶋菜々子)が杉吉(手塚とおる)に呼び出され、
病院に責任が及ばないように上手くまとめるよう指示される。


しかし、安藤は達也に誠意を見せようとせず、
楓と桜庭(安寿ミラ)が謝罪しても達也の怒りは収まらない。
達也との話を終えると、桜庭は安藤ときちんと話して欲しいと頼む。
日頃から、患者たちから安藤に対してクレームも入っていたのだ。




その後も安藤は、避けるようにどこかへ行ってしまう。
ナースの千秋(山田真歩)が、安藤は悪いドクターではないと擁護。
その言葉から楓はあることに気づいて、確かめる事に。。。。。


そんな中、サンバカーニバルの練習中に倒れたブラジル人のシウバが
搬送されてきた。安藤は、なぜか言葉の通じないシウバと意気投合。
ところが翌日、退院したシウバが勤務先の工場でやけどを負い、
再び搬送されてくる。。。。。。










[DVD] アンジャッシュ 児嶋一哉 ソロコントライブ VOL.1



コンビ結成前はピン芸人として活躍していた事もあり、コントには定評がある。本作は、2008年8月に俳優座劇場にて公演された、初の単独コントライブを収録。書き下ろしのコント7本と、ライブ幕間映像も完全収録。

税込2,730円 送料別







自画自賛!本日のイチ押しアイテム!



革本来の自然な艶が美しいアニリン染めの

牛革を贅沢に使用した、脱いだ上着を

スマートに持ち運べ、宿泊にも対応できる

アニリン染め牛革ブリーフバッグ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0