救命病棟24時 第3話 7月23日放送のあらすじ紹介

救命病棟24時 7月23日放送の第3話のあらすじをちょっと、、、


山藤メインP.jpg台東区元浅草にあるオリジナル革小物の山藤(やまとう)は、1899年創業の革小物専門の老舗。オリジナルブランドPTAH/プタハは、リピーターも多く、中でも「ポイント8」シリーズがおすすめ。


7月23日放送の救命病棟24時 第3話のあらすじの前に
気になる前回の視聴率の発表です。
前回、第2話の視聴率は15.9%とまずまず。
第1話の視聴率17.7%と比べると2.2ポイントのダウン。
ですが、まだまだ高視聴率を維持しています。


ってことで、、、


7月23日放送の救命病棟24時第3話のあらすじを紹介しましょう。


楓(松嶋菜々子)は、昔一緒に働いた看護師の千秋(田村たがめ)と再会。
結婚して子供もいる千秋に応援されるが、
医局長としてまだまだ、センタースタッフはまとまるどころではなかった。




最上(段田安則)の提案で、指導医が交代することになり、
広瀬(風間俊介)を夏目(時任三郎)が、さやか(芦名星)を楓が受け持つ。
これまで広瀬を指導してきた本庄(佐々木蔵之介)は、
異例の途中交代に憤る。


そんな中、背骨の損傷で下半身不随になった桑田(花王おさむ)が
搬送され、看護師が担当する看護を広瀬は夏目から指示される。
一方のさやかは、何でも自分でこなして任せてくれない楓に不満が募る。


さやかと楓は認知症の節子(茅島成美)を診ることに。
さやかは節子の症状を楓より早く察知したことに自信を持ち、
積極的に患者にアプローチしようと決心。
そんなさやかの慢心が、節子を危険な状態に陥れてしまう。。。。。。

月刊芦名星 上海ドール SHINCHO MOOK

上海を舞台にセクシーで謎めいた女の魅力をふんだんに見せてくれました!  2008年パルコの水着広告、そして映画「シルク」で美しいヌードを披露し鮮烈なイメージを我々に焼き付けた芦名星が月刊シリーズに登場。
税込1,575円 送料無料





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!

重力に逆らう肌の細胞密度、皮膚の厚みに着目したのが
専用特許成分「Essenskin」(エッセンスキン)を配合した
ネックラインスムーサー
首のシワはもちろん、シワの深い場所
(ほうれい線、額、眉間)などに有効です。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0