とんび 第9話のあらすじ紹介

とんび 3月10日放送 第9話のあらすじをちょっと、、、


とんび 第9話のあらすじの前に気になる前回の視聴率を報告。
前回第8話の視聴率は、12.6%でした。
第7話の視聴率12.9%と比べると0.3ポイントのダウン。
これで今までの平均視聴率は14.00%となって
16.66%のテレ朝系の「相棒」に次いで第2位にいます。
今週は野球のWBC中継があるので時間に注意してください。


ってことで、、、


3月10日放送のとんび 第9話のあらすじを紹介しましょう。


1998年。ヤス(内野聖陽)にアキラ(佐藤健)から、
結婚したい人がいるから会って欲しいと電話連絡が入る。
同じ職場で年上だけど、慶応大卒の美人だと聞かされたヤスは、
たえ子(麻生祐未)や照雲(野村宏伸)ら町の人にたちに自慢する。
美佐子(常盤貴子)にも似ている女性に違いないと上機嫌。


ところが、やって来た由美(吹石一恵)はアキラよりも
かなり年上に見えるし、美佐子にもぜんぜん似ていないことに
ぼうぜんとするヤス。機嫌をそこねてしまう。
その様子に意を決した由美は、アキラよりも7歳年上で離婚歴があり、
子どももいると一気に打ち明けると、ヤスは結婚に猛反対する。


言い争いになってしまい、アキラは由美を連れてそのまま
東京に帰ってしまう。。。。。。

【中古】吹石一恵写真集 FUKIISHI

オールハワイロケで撮りおろした写真は他では絶対見られない水着&セクシー満載!これを見逃すと二度とは見られない!
税込1,950円 送料別





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!

この道45年の帽子職人・井上さんが生地に
惚れたのがこの手織りの藍染め生地。
染め上がった糸を手織りで丹念に仕上げた生地は、
藍本来の美しい深みのある青色が特長です。
そんな藍染めと軽やかなデニム地をミックスした、
表でも裏にしてもかぶれるリバーシブル仕様で
目深にかぶれる手織り藍染めリバーシブルハット




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0