とんび 第3話のあらすじ紹介

とんび 1月27日放送 第3話のあらすじをちょっと、、、


とんび 第3話のあらすじの前に気になる前回の視聴率を報告。
前回第2話の視聴率は、16.1%でした。
第1話の視聴率17.0%と比べると0.9ポイントのダウン。
内野聖陽の役が結構はまってますよね。


ってことで、、、


 1月27日放送のとんび 第3話のあらすじを紹介しましょう。


1984年、6年生になったアキラ(福崎那由他)。
学校の野球チームのエースで4番。
たえ子(麻生祐未)の店で酒を飲むヤス(内野聖陽)に、
たえ子は、父親らしくキャッチボールぐらいやってやれと冷やかすが、
ヤスは照れて相手にしない。実はヤスは野球が下手なのだ。

そんな中、後輩の葛原(音尾琢真)から、アキラが転校生に
エースの座を奪われてしまっていることを聞き、
ヤスは慌てて、アキラの練習に付き合おうとするが、
高校時代に野球部だった照雲(野村宏伸)と練習をしていた。

親子のように練習する2人の姿を見たヤスは、
アキラが嬉しそうに上達したことを報告しても、
愛想の無い返事しかできないでいた。。。。。。

とんび(角川文庫) /重松清

昭和37年の夏の日、瀬戸内海の小さな町の運送会社に勤める“ヤス”に息子アキラ誕生。家族に恵まれ幸せの絶頂にいたが、それも長くは続かず……。高度経済成長に活気づく時代と町を舞台に描く、父と子の感涙の物語。

税込660円 送料無料





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!

ローリングスといえば大昔から親しまれてきた
野球グローブのメーカー。
そのグローブ用の革を使った革小物がこれ。
ローリングスグローブレザースリムヒップポーチです。
元ルイ・ヴィトンのデザイナーがその革にほれこみ
シンプルに使いやすくデザインしたものです。



●バレンタインギフトにおすすめ

彼氏やご主人にイタリアンレザーの財布はいかがでしょう!
今ならチョコレートも付いているキャンペーンを展開しています。