とんび 第2話のあらすじ紹介

とんび 1月20日放送 第2話のあらすじをちょっと、、、


とんび 第2話のあらすじの前に気になる前回の視聴率を報告。
前回第1話の視聴率は、17.0%とまずまずのスタートでした。
内野聖陽の主演で、直木賞作家・重松清のベストセラー小説
「とんび」を連続ドラマ化したもの。
妻を失った主人公が、不器用ながらも男手一つで息子を育てる、
 親子の絆を描いた物語。


ってことで、、、


 1月20日放送のとんび 第2話のあらすじを紹介しましょう。


1979年。ヤス(内野聖陽)は、アキラ(荒川槙)を男手で育てていた。
姉のたえ子(麻生祐未)や照雲(野村宏伸)の妻・幸恵(加藤貴子)の
協力を受けながらアキラも6歳になり保育園に通うようになる。
母親が迎えに来る姿を見て寂しい気持ちなる。

国産三輪自動車の記録 型録で知る1930~1974/小関和夫

第一話でヤスが乗っていた三輪車は掲載されているのか?日本の三輪トラックの誕生から発展の軌跡を当時のカタログを中心にして解説し、日本における自動車文化の一時代をまとめた記録本。

税込2,520円 送料無料


ある日、ヤスはアキラと銭湯へ。番台のおばちゃん(青木和代)から
「母親を作ってやれ」と見合いをすすめられる。
翌日、「家族の絵」を描くために美佐子(常盤貴子)の
写真を見ながら絵を描いていたアキラは、周りの子たちに
写真を回し見され、不安になって1人の男の子と喧嘩をしてしまう。


先生たちに止められるが、美佐子の写真をビリビリに破いてしまう。
保育士からアキラの寂しさを指摘されたヤスは言葉もない。
さらにおねしょを繰り返すようになり、母親が欲しいんだと
ヤスは思い、番台のおばちゃんがすすめていた
お見合いする決意を固める。。。。。




自画自賛!本日のイチ押しアイテム!

牛革にムラ加工を施してカジュアルに仕上げたショルダーバッグです。
自動改札機をすばやくタッチ&ゴーが可能なフラップ部のポケットや、
荷物の飛び出し・紛失防止の両手引きファスナーのコンパートメント。
森田鞄製作所のアイデアが満載の牛革デイリーショルダーです。
毎日使っても苦にならない600gの軽量仕上げです。



※犬と泊まれる宿情報館では、犬と泊まれる宿 栃木県【鬼怒川温泉・日光周辺】のページで、人気の旅館やホテルなどを紹介しています。


●バレンタインギフトにおすすめ

彼氏やご主人にイタリアンレザーの財布はいかがでしょう!
今ならチョコレートも付いているキャンペーンを展開しています。