運命の人 ドラマ 第4話 あらすじ 2月5日放送

運命の人 2月5日放送のドラマ 第4話のあらすじをちょっと。。。

日曜ドラマ 運命の人 第4話のあらすじの前に
前回第3話の気になる視聴率は11.6%でした。
第2話と比べると0.3ポイントのアップ。
これで平均視聴率も11.97%と
冬の連続ドラマの中では第9位の位置にいます。

ってことで、、、

2月5日放送の運命の人 第4話のドラマあらすじを紹介しましょう。

★運命の人(1)/文春文庫/山崎豊子★

横溝議員(市川亀治郎)が公表した外務省の極秘電信文は、
自分が漏洩したと認めて、出頭した昭子(真木よう子)。

参考人として出頭した弓成(本木雅弘)も、
機密文書を持ち出すようそそのかしたという理由でそのまま逮捕され、
由里子(松たか子)が帰りを待つ自宅にまで家宅捜索が入る。

「国家公務員法違反」という罪名 に納得できない本木雅弘は、
事件についての供述を拒んでいた。

★本木雅弘のことなら★

一方、毎朝新聞内では司(松重豊)らが、
本木雅弘の逮捕を国家権力による不当な弾圧だとして
「国民の知る権利」キャンペーンとして
他の新聞社も巻き込んで大々的に展開しようとしていた。

その頃、松たか子は突然のことに戸惑いながら、
家宅捜査にも気丈に対応。
拭い去れない不安に押し潰されそうになりながら、
夫の帰りを待ち続けていた。

連日の取り調べでも、真木よう子は本木雅弘をかばっていた。
そんな中、接見に訪れた弁護人の坂本(吹越満)は、
「悪いのは本木雅弘で、貴方は被害者だ」と巧みに吹き込んでいく。
真木よう子もその言葉に心が揺れ動く。

取り調べが佳境に差し掛かる中、
黙秘を貫く本木雅弘に検察はあるモノを差し出すのだが。。。。。


昨夜のケンミンショーで放送されていた
北海道の美唄地方のローカル料理「美唄焼き鳥」
うまそうでした。

★美唄焼き鳥のことなら★

飲んだ後の「シメ」に美唄の人は、かけ蕎麦を注文するんですね。
そこに1本残しておいた焼き鳥の串から、焼き鳥を蕎麦の中に入れて
おいしそうに食べるんです。
蕎麦の出汁も鶏ガラベースなんですね。これが。。。。




温泉旅館&ホテル全国おすすめベストランキング
[高齢犬と楽しく過ごす方法]
ホテルペット専用予約サービス