運命の人 ドラマ 第7話 あらすじ 2月26日放送

運命の人 2月26日放送のドラマ 第7話のあらすじをちょっと。。。

日曜ドラマ 運命の人 第7話のあらすじの前に
前回第6話の気になる視聴率は9.9%でした。
第5話と比べると0.9ポイントもダウン。
とうとう10%の大台を割り込んでしまいました。
TBSも焦ってるだろうな~~~。
これで平均視聴率も11.37%と
冬の連続ドラマの中では先週と変わらず
第9位の位置にいます。

ってことで、、、

2月26日放送の運命の人 第7話のドラマあらすじを紹介しましょう。


弓成(本木雅弘)と昭子(真木よう子)の罪を問う裁判は、
証人尋問へと進み、佳境に入っていた。
まずは、国会で沖縄返還交渉に関する文書は存在しないと
答弁した外務省の前アメリカ局長・吉田(升毅)が証言台に立つ。

弓成側の弁護人・大野木(柳葉敏郎)の質問に
苦し紛れの証言を繰り返す吉田だが、
決定的な証言を引き出すことはできないでいた。

ロイヤルコペンハーゲン・イヤープレート1971年

弓成はさらなる攻勢のため、最後の切り札として、
当時外務大臣だった愛川大蔵大臣の証人喚問を申請。
さらに、山部(大森南朋)にも証人を頼む。
しかし山部の出廷には様々な困難が待ち受けていた。

一方、由里子(松たか子)は悲壮な決意で、
昭子のウソを暴く証拠を大野木に託し、
夫の裁判に立ち会う。
鯉沼(長谷川博己)は由里子をひたすら見守っていた。

そして、ついに判決の時が訪れる。。。。。

1/18 ポルシェ 917K ル・マン 1971 ♯20 スティーブ・マックィーン Ver.


楽天市場の今日のイチオシ!

★今売れ筋アイテムがわかるリアルタイムランキング★

★お誕生日に贈りたいフラワーギフト特集★

★春を先取るスポーツアイテム特集★

選べる胡蝶蘭 比較ナビ
新しい結婚式のかたち「サムシング・オールド・リジュエリー」
温泉旅館&ホテル全国おすすめベストランキング