運命の人 ドラマ 第6話 あらすじ 2月19日放送

運命の人 2月19日放送のドラマ 第6話のあらすじをちょっと。。。

日曜ドラマ 運命の人 第6話のあらすじの前に
前回第5話の気になる視聴率は10.8%でした。
第4話と比べると0.8%のダウン。
これで平均視聴率も11.66%と
冬の連続ドラマの中では第8位の位置にいます。

ってことで、、、

2月19日放送の運命の人 第6話のドラマあらすじを紹介しましょう。


いよいよ裁判が始まった。
弓成(本木雅弘)は、裁かれるべきは国民を欺いた
佐橋(北大路欣也)政権だと裁判で持論を展開。
しかし、愛情が憎しみへと転化した昭子の復讐が始まった。

昭子(真木よう子)のやつれた姿が
弓成の主張を吹き飛ばし、
男女関係こそが事件の本質であるかのように
裁判官らに印象付ける。

真木よう子、待望のフォトストーリー!

次第に不利になっていく弓成を見て
山部(大森南朋)は、昭子に真実を話させるべきだと忠告する。
弓成側の大野木(柳葉敏郎)と昭子側の坂元(吹越満)の
両弁護士の主張もかみ合わず、裁判の争点は定まらない。

弓成は信念を貫こうとするほど周囲の人を傷つける裁判に嫌気が差す。
その頃、週刊誌やワイドショーでは
弓成が昭子にした仕打ちとして事実無根の報道が相次ぎ、
弓成と由里子(松たか子)はいたたまれなくなる。

そんな由里子を支えたのは、
彼女に想いを寄せる鯉沼(長谷川博己)だった。

次男の純二が学校で「ハレンチ記者だ」と
同級生に言われたことが原因で喧嘩をしたことを聞き、
事態の悪化を痛感する弓成。
苦渋の決断をくだすことに。。。。。


楽天市場の今日のイチオシ!

★冬の味覚!牡蠣やホタテが大特価★

★安心・おいしい・長持ち!非常食特集★

●お試し大特価!訳あり辛子明太子1kg/500g×2箱入送料無料

選べる胡蝶蘭 比較ナビ
温泉旅館&ホテル全国おすすめベストランキング
高齢犬・老犬におすすめプレミアムフード