運命の人 ドラマ 第3話 あらすじ 1月29日放送

運命の人 1月29日放送のドラマ 第3話のあらすじをちょっと。。。

日曜ドラマ 運命の人 第3話のあらすじの前に
前回第2話の気になる視聴率は11.3%でした。
初回第1話と比べると1.7ポイントのダウン。
前作の「南極大陸」と比較しても低迷した視聴率が気になりますね。

ってことで、、、

1月29日放送の運命の人 第3話のドラマあらすじを紹介しましょう。

★原作本 運命の人/山崎豊子/文春文庫★

国会で佐橋(北大路欣也)に密約の存在を詰め寄った
野党の代議士・横溝(市川亀治郎)が、弓成(本木雅弘)から
預かった極秘文書を公にしてしまう。

「出所がバレる!」と焦る本木雅弘は、
文書そのものを市川亀治郎から取り戻そうと走り回るが、
連絡がとれずにいた。

一方、北大路欣也はすぐに文書の照合を指示。
外務省でも機密漏えい捜査が始まり、人物の特定が進められていた。

昭子(真木よう子)は、事態の思わぬ展開に焦りが募り、
深夜にもかかわらず本木雅弘の自宅に電話を入れる。
由里子(松たか子)が電話に出て、夫の不在を告げる。

★週刊真木よう子 ねぎぼうず★

すると、電話の切り際に舌打ちする音を耳にする、
その舌打ちを耳にして松たか子は、真木よう子からの
不穏な電話に胸騒ぎを覚えることに。。。。。。


楽天市場の今日のイチオシ!

★目的別で選べるバレンタインチョコ&スイーツ特集★

★春コート&ジャケットカタログ★

★TV・雑誌で好評の京はやしやのスイーツお試し福袋★

新しい結婚式のかたち「サムシング・オールド・リジュエリー」
温泉旅館&ホテル全国おすすめベストランキング
[高齢犬と楽しく過ごす方法]