運命の人 ドラマ 第2話 あらすじ 1月22日放送

運命の人 1月22日放送のドラマ 第2話のあらすじをちょっと。。。

TBSの日曜ドラマ 運命の人の初回第一話の視聴率は13.0%でした。
前回の「南極大陸」のスタートとは雲泥の差ともいうべき視聴率。
13.0%はちょっと悪過ぎでしょうね。
結構、お金使ってる感じがするし。

若い世代の人にはあまり興味のない時代背景かもしれませんね。

ってことで、、、

1月22日放送の運命の人第2話のドラマあらすじを紹介しましょう。


沖縄返還に関する政府の密約疑惑を追っていた弓成(本木雅弘)は、
外務省事務官の昭子(真木よう子)を通じて極秘電信文を手に入れる。
その中身は、アメリカ側が支払うことになっている軍用地復元補償費のはずが、
実際には日本側が負担するという両国間の密約を文書化したもの。

電信文は、政府が国民を欺いて密約を結んだ決定的な証拠だった。
が、情報源を守るため公表することはできない。
文書自体を掲載し、一面でぶち上げようと
整理部の荻野デスク(梶原善)は主張する。

しかし、本木雅弘はニュースソースを守るために、
電信文のことは伏せたまま、解説記事で密約の存在を追求し、
世論に働き掛けようとする。
その後も、真木よう子からは極秘文書の提供を受け続ける。

「力になりたい…」と訴える真木よう子の熱いまなざしに
本木雅弘は引き込まれそうになっていた。
一方、妻の由里子(松たか子)は、自宅書斎で
極秘文書を見つけ不安に駆られることに。

そんな中、何かを嗅ぎつけた山部(大森南朋)や
野党の議員・横溝(市川亀治郎)が本木雅弘に接触してくる。。。。。。

★原作本 運命の人/山崎豊子/文春文庫★


楽天市場の今日のイチオシ!

★生産が間に合わないほど人気のこの冬マキシスカート★

★今年注目のコスメ大特集★

★楽天市場で今いちばん売れてるものをお届け!リアルランキング★

犬と泊まれる宿泊施設 長野県【野沢 飯山 戸狩 木島平】
犬と泊まれる宿泊施設 山梨県【清里 甲斐大泉 小淵沢】
犬と泊まれる宿泊施設 群馬県【水上温泉 丸沼 武尊】